Skip to content

電子定款で4万円安くなる

電子定款の魅力は、印紙代が要らないことです。

紙だと4万円がかかる所、課税文書ではない電子定款ならかかりません。4万円も浮かせられるのはメリットが大きいです。ただし、ソフトなどを買うとそれくらいになってしまうので、持ってなければせっかくのメリットが活かせないこととなります。持っていない人は、格安で定款を作ってもらえる業者を使いましょう。

定款作成だけなら数千円でやってくれる所もあるので、なるべく印紙代がかからないメリットを活かすことが可能です。定款の認証や登記申請を含めても1万円程度でやってくれるところもあり、それなら手間がかからないメリットとコストを抑えられるメリットの2つを享受できます。電子定款の作成と認証なら、行政書士や税理士、司法書士などほとんどの士業でできるので、業務を行っています。

ただし、登記書類の作成代理と申請代理は司法書士と弁護士しかできません。商業登記は公認会計士も出来ますので、会社設立においてはこの3つの士業なら登記までやってくれます。行政書士などでも、登記は資格を持った人に任せれば問題ないため、一括して請け負って陶器の部分は外注してやってもらっているところもあります。資格がない士業が登記をするのは違法なので、注意する必要があります。全てをやっている所は基本的に登記部分は外注しているはずですが、中には違法に自分でやっているケースもあるようです。したがって、依頼前に確認しておきましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *