Skip to content

電子定款について説明します

電子定款を説明する前に、まず定款とは何のことかというと、会社を設立する場合必ず作成しなければならない書類で、会社の憲法のようなものです。

その内容は、これから設立する会社の根本規則を定めることです。定款に記載することは、絶対的記載事項・相対的記載事項・任意的記載事項の3項目がありますが、絶対に記載しなければならないのは会社の目的・商号・本店の所在地・出資される財産の価額など絶対的記載事項です。これが無いと定款そのものが成り立ちません。しかし、それだけでは不十分で会社を内外の関係者に基本姿勢を示すためには、相対的記載事項・任意的記載事項も作成します。

従来はこの定款は紙で作成し、公証人役場で認証してもらうことが必要でしたが、2004年の3月より電子媒体での認証も受けられるようになりました。これが電子定款です。電子定款を利用すると認証時に必要な、収入印紙代の4万円が不要となり費用の節約ができます。電子媒体は文書の扱いではなく、非課税のため印紙代が不要となるのです。

しかし、インターネット上で認証が受けられる訳ではなく、従来どおりに公証人役場に出向くことが必要です。又、この電子定款を作成するには専用のソフトが必要で、そのソフトの購入代金も4万円程度必要となります。そのため個人で作成することは少なく、専用ソフトを保有している行政書士などの事務所か起業を支援・代行している会社・事務所などに依頼するのが一般的です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *