Skip to content

電子定款の認証を嘱託する

電子定款は従来の紙でできた定款に代わるもので、パソコンからワープロソフトで内容を編集したあと、それをPDFファイルの形式で保存したもののことを指しています。

もっとも紙の定款であれば発起人が署名を書き入れることができますが、電子定款ではそれができないため、電子署名という方法を利用するなど、いくつか電子ファイルに特有な決まりごとがないわけでもありません。株式会社を設立する場合、定款は法務局に提出する前に公証人から認証を受けておかなければなりませんが、これは電子ファイル形式であってもまったく同様です。

ただし紙の定款は公証人が待っている公証役場に直接持ち込みますが、電子定款の場合にはインターネットを使って認証の嘱託をする方式が採用されています。法務省では登記・供託オンライン申請システムを整備していますので、その利用登録をするとともに、パソコンに申請用ソフトをインストールしておきます。さらに公的個人認証サービスの電子証明書を読み取ることができるICカードリーダーも同じパソコンに接続しておくまでの事前準備をします。

準備がととのったらパスワードなどを入力してシステムにログインし、ここから認証を受けたい電子定款のファイルを選択して保存をします。保存済みの電子定款には電子署名を付与しますので、電子証明書の情報を読取るためのパスワードを入力し、確定ボタンをクリックすると、自動的に署名が完了し、その後このファイルはインターネット経由で公証人に送付されます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *