Skip to content

認証された電子定款の受け取り

株式会社を設立しようとするときには定款をまず作成して発起人が署名をした上で、公証人による認証を受けなければなりません。

定款に書くべき事項や認証などの手続きについては、会社法その他の法令に規定されていることですので、決まった手順どおりにしておかなければあとで無効になってしまうことがありますので注意が必要です。この場合の定款については電子定款といって、ワープロソフトで編集したあとにPDFファイルのままで保存したものを利用することが可能です。この電子定款もやはり普通の定款と同様に認証を受ける必要がありますが、紙の文書ではないことから認証をされたものの受け取りにあたっても電子定款特有の方法が使われています。

公証人とはあらかじめ認証を実際に受ける日付などを調整しておき、当日には依頼した人が直接公証役場にまで出向く必要があります。当日は公証人が門前において審査をした上で電子署名をして認証することになりますが、認証後の電子定款も紙に印刷するわけではなく、デジタルデータとして交付されます。

そのため依頼をした人はフロッピーディスクやコンパクトディスクなどの電子ファイルを収納することができる、ファーマットした何らかのメディアを持参し、そのなかに認証済みの電子定款を収納してもらうことになります。なお認証を依頼するときにはインターネットを使って行いますが、受け取りはインターネット経由ではできない点に注意が必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *