Skip to content

電子定款を取り入れることの利点

電子定款は、印紙代が紙とは違ってかからないので、会社設立を考えている人に注目されている方法です。

電子定款を創るためには、電子署名を入れるためのPDF作成ソフトや、マイナンバーカードから電子証明書を読み込むICカードリーダライタが必要になり、これらを持っていない場合は浮いた印紙代と同程度の費用がかかるので確かに節約にはなりません。しかし、代行業者は1万円前後で作製してくれることも少なくなく、その差額分の3万円程は節約できることになりますので、たとえ必要な物を持っていなくても業者を遣えば節約可能です。

自分で会社設立をするより安くなると宣伝している代行業者は多いですが、厳密に言うとそれは嘘です。ただ、上記のことを考えると、持っていない人なら確実に安くなりますので、条件付きで正しいということになります。電子定款の認証は公証役場で行ってもらいますが、提出はネットで可能でも受け取りは直接公証役場まで行かなくてはなりません。

代行業者の中には、この手続きをすべて代わりにやってくれることがありますので、手間をかけたくないならそういったところを選ぶと良いでしょう。行政書士がやってくれるのは定款の認証までです。登記は司法書士に依頼します。ただ、行政書士でも定款の認証後、司法書士にお願いして登記申請をやってもらっているところもあります。その場合は違法ではありませんので、安心して行政書士に依頼することが可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *