Skip to content

電子定款を選ぶ利点について

電子定款とは、会社の定款の一つです。

昔は紙で作っていますが、現在は電子媒体で作製することも認められています。その電子媒体で作った会社の定款が電子定款で、媒体が異なる以外の会社における位置づけの違いはありません。ただ、紙とは異なることで印紙税がかからなくなるメリットがあります。印紙税は4万円なので、意外と大きい額のコストが抑えられます。作るためには電子署名を入れなければならず、有料ソフトが必要です。

また、他にマイナンバーカードから電子証明書を読み込むICカードリーダライタも必要となります。これらを買うと4万円くらいになるのでまだ持っていない人が自分でやってもコスト削減にはなりません。代行業者を使えば、持っていない人でも安く電子定款が作れます。業者は必要な機材があるので4万円はかかりませんし、代行手数料がそれ未満であれば差額分が浮くことになります。安いところは1万円程度でやってくれますので、差し引き3万円程安くなるのでコストが低減可能です。

作成してくれるのは士業ですが、行政書士は多く扱っています。また、弁護士等よりも安めな傾向にあります。行政書士でも定款の作成は法律的に可能ですし、慣れているところなら問題なく作成してくれますので、行政書士は選びやすいです。弁護士でも扱っていることがありますが、比較的高い料金の傾向にあります。もちろん個別に異なりますので、利用前に料金を確認してください。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *